ワンダーの感想とレビューならココッ♪パラシオ

宿題とは別に!感動したようで!一生懸命読んでいました。読みながら、もし自分がオーガストの立場だったら?もし学校の友達の立場だったら?姉の立場だったら?悩みながら、でもオーガストを愛して守っていく気概のある子どもたち、若者たち、そして、学校の先生たちの毅然とした姿勢に感動します。一気に読んでしもた。

早速ご紹介!

2017年02月11日 ランキング上位商品↑

ワンダー パラシオワンダー [ R・J・パラシオ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

英語の原書にもトライしてみるのもおすすめです。正義と親切、どちらかを選ばなくてはならないならば、親切を選びなさいという先生の格言。子育ては親も成長出来る時なんだと思います。それほど感動はしませんでした。色々な子どもがいて!傷ついたり傷つけてしまったり!今でもそういうことははっきり覚えていて!物語と重なって胸が震えました。大人も子供も是非読んでほしいと思います。なにより素晴らしいのは、しょうがいを負いながらも明るくユーモアと勇気いっぱいのオーガストの知性。読んで良かった一冊です。偏見にとらわれた大人。読みながら、40年以上前の小学生だった時のことを思い出していました。夏休みの課題図書でした。皆さん!この本は小学5.6年生の課題図書だけれど、大人が読んでも心にずしんと来る物語です。両親の愛も、自分の子に対してだけでなく、その友人に対しても溢れていて、心が温かくなりました。紹介文を見て読みたくなりすぐ購入しました。おとなもこどもも読んだほうがいい本です。遺伝子やその他の要因で顔に大きなしょうがいを持つ男の子オーガストと彼をとりまく家族!学校の友人たち!先生たち!姉の親友やボーイフレンドのやさしさ。でも!かんがえさせられる本で!たくさんの人に読んで欲しいと思いました。そして洋の東西を問わぬ学校内のイジメ。。先が読めてしまって。子供に頼まれて。こどもの読書感想文用に買いましたが、自分も読んでしまいました。主人公の周りのそれぞれの登場人物の思いがとても伝わってきます。2015年7月発行。心が痛くなる内容で私も反省する点あり。子供用に購入しましたが私も読んで良かったです。